クマイリー 夜泣き

赤ちゃん夜泣きを乗り切るために、ママとパパはあらゆることを試します。

でも、どれも一時的であったり、すぐに効果がなくなってしまいます。

夜泣きの対応で疲れてしまい、たとえばママしか赤ちゃんの対応をしていなければ、ママには多大なストレスがたまり、大変しんどい思いをするようになります。それだけにとどまらず、ママとパパとの仲まで悪化させてしまったり、最悪育児への自信を喪失してしまう可能性もあります。

そうなる前に、あらゆる可能性を試しておくことが重要です。

残念ながら、赤ちゃんの夜泣きのメカニズム、原因はまだ解明されておらず、根本的な解決策はありません。

だからこそ自分なりの方法を探す必要があり、あらゆることを試す必要がでてきます。

クマイリー効果的だと人気ですが、クマイリーもあくまで一つの対処方法です。

CHECKクマイリーを使ったときにどういう効果が期待できるのかをまとめました。

 

クマイリーを使ったときの赤ちゃんへの効果について

クマイリーの効果1 夜泣き・ぐずり泣きがとまる

クマイリーのメインの効果は、夜泣き・ぐずり泣きをとめることです。

夜泣き・ぐずり泣きは、まだまだ科学的に解明されておりません。

そのため、絶対的な対処法はありません。

ただ、

  • 「夜泣きが止まった」
  • 「ぐずり泣きが止まった」

という実績のあるぬいぐるみや音楽はあり、無数に存在します。

その情報を集めて、統計的に分析して生まれたのがクマイリーです。

 

見た目や生地はもちろん、クマイリーに収録されている音楽も夜泣き・ぐずり泣き対策のためです。

 

クマイリーの音楽・効果音はオリジナル

クマイリーに似たようなぬいぐるみは探せば見つかります。

しかし、ほとんどのものが、市販の曲が収録されていたり、中国産であったり、心音だけしか収録されていなかったりします。見た目は似ていても、重要な中身や安全性は異なっています。

クマイリー楽天で類似品がないか比較しているので確認してみてください。

https://xn--eckva5lyb4ep18vot4a.tokyo/kumairi/rakuten

見えないところ、細部までこだわって作られているクマイリーの音楽・効果音は、イチから製作されたオリジナルです。

 

赤ちゃんの興味を引く周波数帯、波長を取り込み、科学的に分析し、独自に効果的な音楽と効果音を生み出しています。

クマイリーは10,000個以上販売されており、その効果の高さは実際に証明されつつあります。

個人差があるので、一概に言い切ることはできないのですが、試してみる価値のあるものです。

 

効果のあらわれる期間は赤ちゃんそれぞれ

クマイリーは、初めて使った1回目から効果があったという声が非常に多いです。

しかし、その逆で使用し始めたときは、余計に泣き出してしまったという声もありました。

ただ、しばらく使い続けていると、クマイリーの音楽に聞き入って夜泣き・ぐずり泣きがおさまったという声もありました。

 

その他、激しいギャン泣きや、激しくぐずり泣く子でも泣き止んだという声がありました。

クマイリー口コミで良い口コミと悪い口コミをまとめたので確認してみてください。

https://xn--eckva5lyb4ep18vot4a.tokyo/kumairi/review

クマイリーの効果2 赤ちゃんが笑顔になる

泣き止んだ後、赤ちゃんは笑顔になることもあります。

クマイリーといる時間が増えれば増えるほど、赤ちゃんとの友情が深くなるのは、相棒のようになったという声もありました。

 

 

クマイリーの効果3 成長促進

クマイリーの音楽は、もうひとつ重要な意味を持っています。

音楽や言葉で話しかけられ、スキンシップを受けた赤ちゃんは、「オキシトシン」という安心・安らぎを感じさせるホルモンを分泌します。

「幸せホルモン」とも呼ばれるオキシトシンは、通常抱っこされておっぱいを吸うときに、分泌されます。ママとの関わり合いの中で、ともにオキシトシンの分泌が促進されていきます。

 

クマイリーはその分泌をサポートすることで、赤ちゃんの情緒を安定させます。

 

オキシトシンは、副交換神経を刺激し、インシュリンなどの成長にかかわるホルモンを分泌させる効果があります。

そして、食物吸収なども高まって、成長を促進させることができます。

 

クマイリーの音楽を聞かせてあげたり、クマイリーの録音・再生機能を使って話しかけてあげることで、安らぎながらすくすく成長できるのです。

 

クマイリーの効果4 社会性が高まる

オキシトシンの分泌促進は、社会性の向上にも関係しています。

自閉症者へのオキシトシン継続投与に対する遺伝子多型法による治療効果予測

こちらは、福井大学の子どものこころの発達研究センターが発表した自閉症者へオキシトシンを継続投与することの治療効果を予測・調査した資料です。

 

簡単に説明すると、

  1. 自閉症者へは有効な治療方法はないとされているが、臨床研究で自閉症の症状が改善された例がある
  2. オキシトシンを投与することで、社会的行動を向上させることにつながった
  3. 社会的行動が改善したというのは、不安を低下させ、信用、愛情、表情認知を改善したということ

 

この調査からもわかる通り、オキシトシンは、社会性の向上につながっています。

また、クマイリーなら、オキシトシンを脳から自然なかたちで分泌させることが可能です。

 

クマイリーの効果5 IQが高まる

IQ(知能指数)は、生活環境によって大きく変わると言われています。

また、年齢が上がっていくにつれ、IQの伸びは低くなることが分かっています。

IQを向上させるためには、勉強することが一番良いです。

赤ちゃんにとって、面白いこと、新しいことに触れること自体が勉強になり、クマイリーとの接触が脳の良い運動になります。

 

 

クマイリーの効果6 ストレス耐性が上がる

赤ちゃんがストレス耐性の向上するためには、ママ・パパが赤ちゃんに関心を寄せて、愛情を注ぐ必要があります。

夜泣きやぐずり泣きが減って、ママとパパも笑顔で愛情をもって接するようになることで、結果的に良好なスキンシップがとれるようになります。

そして、それがストレス耐性の向上につながります。

 

クマイリーの赤ちゃんへの効果まとめ

 

クマイリーの効果

  • クマイリーの効果1 夜泣き・ぐずり泣きがとまる
  • クマイリーの効果2 赤ちゃんが笑顔になる
  • クマイリーの効果3 成長促進
  • クマイリーの効果4 社会性が高まる
  • クマイリーの効果5 IQが高まる
  • クマイリーの効果6 ストレス耐性が上がる

ママとパパだけでなく、赤ちゃんの将来にとっても嬉しい結果となるでしょう。

 

クマイリー 効果 クマイリー 効果

 

クマイリーを使ったときの周りへの波及効果について

クマイリーの波及効果1 赤ちゃんに対して優しくなれる

夜泣き・ぐずり泣きを長期間経験すると、ママもパパも赤ちゃんが泣く度に「またか・・・」と残念で起こってほしくない出来事が起こったかのような態度になってきてしまいます。

それは、赤ちゃんへの愛情を注ぐスキンシップに悪影響を与えてしまいます。

 

その根源である夜泣き・ぐずり泣きを改善することで、赤ちゃんに対して優しくなることができます。

 

クマイリーの波及効果2 夫婦仲の改善につながる

夜泣き・ぐずり泣きのストレスは、泣き声を聞いているときだけではなく、「また泣いてしまうかもしれない」・「少ししか寝れない」と考えるようになり、不眠症につながる可能性があります。

ストレスと抱え、疲れてしまえば、ママとパパのお互いへの気遣いも減ってしまいます。

ご夫婦の男女の営みの回数にも影響がでてしまい、結果、夫婦仲が悪くなります。

 

夜泣き・ぐずり泣きを改善することで、ご夫婦の男女の営みを継続することができます。

男女の営みは、幸せ物質であるオキシトシンを脳から分泌される効果があることがわかっています。

オキシトシンの分泌を促進することで、ママとパパの関係を維持・改善することにつながります。

 

クマイリーの波及効果3 睡眠時間がとれる

夜泣きが減れば、当然まとまった睡眠がとれるようになります。

睡眠できると体力が回復し、より赤ちゃんに愛情を注ぐことができるようになります。

 

クマイリーの波及効果4 自分の時間が設けられる

夜泣き・ぐずり泣きが治まると、移動時のぐずり泣きの回数も時間も減ってきます。

よく泣いてしまう赤ちゃんの場合、ご両親やご友人に少し預けるだけでも抵抗感が増してしまい、余計に自分たちだけで子育てしようとしてしまいます。

 

ぐずり泣きの回数が減れば、赤ちゃんをちょっとの期間預けて、自分の時間を作って気分転換することができます。

もちろん、赤ちゃんをご両親などに預けなくても、クマイリーと赤ちゃんが遊んでくれるだけで自分の時間が増えます。

リフレッシュされることで、さらに赤ちゃんへ愛情を注ぐ事ができるようになります。

 

クマイリーの波及効果5 赤ちゃんを預けたときに、家族の負担が減る

こちらもぐずり泣きの回数が減ったときのメリットです。

預けられるご両親や、ご友人もギャンギャン泣いていると、困ってしまう方もいるかもしれません。大切にしたいけど、大変だ、手伝いたいけど大変すぎる、という思いが出てくるかもしれません。

もし、泣かなくなったり、泣く回数が減れば、預かってもらうご両親やご友人ももっと気が楽になることは間違いないでしょう。

 

クマイリーの波及効果6 子育てに自信がもてる

夜泣き・ぐずり泣きで一番起こってしまう弊害が、子育ての自信を失ってしまうことです。

あれこれ赤ちゃんのためを思ってしても、泣き止まない。これは、問題を抱えているのに、解決できない状況と同じようにとらえる人がいるため、思い煮つめてしまい、最悪のケースだと、育児放棄につながってしまいます。

泣き止んで、赤ちゃんが何かに集中したり、興味をしめしたり、笑った時、まるで正解したかのように心が救われるのです。

 

クマイリーの波及効果7 みんながハッピーになる

本当は、赤ちゃんは泣くことが仕事で、泣いていること自体に意味なんてないこともしばしばです。

でも、だからといって赤ちゃんの夜泣きやぐずり泣きに堪えたり、我慢しないといけないわけではありません。

赤ちゃんも泣くこと以外に興味がもてることがある方が、きっともっと幸せだと思います。

クマイリーなら、その幸せに一歩近づける可能性があるかもしれません。

関連記事 クマイリーの気になる口コミも合わせて確認してみてください。