Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

人気クリームシャンプー徹底比較|2019年のおすすめランキング

人気クリームシャンプー比較

90%以上の女性が、

  • 最近白髪が多くなってきた
  • 抜け毛が気になる
  • 髪のパサつきで悩んでいる
  • フケかゆみがとまらない

といった髪に何かしらの悩みを持っているといわれています。

しかし、その悩みはシャンプーを替えるだけで解決するかもしれません。

その鍵となる言葉が【クリームシャンプー

頭皮環境を健やかにする新感覚シャンプーとして今人気がうなぎ登りしています。

この記事では、

最も人気のあるおすすめクリームシャンプーをランキング形式で紹介します。

クリームシャンプーが初めての人でも、

  • クリームシャンプーとは?
  • クリームシャンプーのメリットとデメリット

も理解した上で、自分に合ったクリームシャンプーを選べるようになるでしょう。

CHECK人気クリームシャンプーランキングを今すぐ知りたい方は目次からジャンプしてみてください。

クリームシャンプーとは

人気クリームシャンプー 比較

クリームシャンプーは、植物由来のクレンジングのチカラを利用した泡立たないクリーム状のシャンプーのことです。

「泡立たない」ため、汚れが落ちるのか心配になる方もいますが、「泡」と汚れの落ちは関係がありません。クレンジングオイルを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。泡立ちは一切なくても、メイクを落とすことができます。クリームシャンプーも同様の原理で、汚れを落とすことができます。

また、クリームシャンプーはオールインワンシャンプーです。

  • シャンプー
  • コンディショナー(リンス)
  • トリートメント
  • スカルプケア

の4役を1つで果たしてくれます。

洗浄力が主眼におかれているリンスインシャンプーとは異なり、クリームシャンプーは、極上美容液で頭皮と髪を洗う感覚が味わえます。

クリームシャンプーのメリットとデメリット

クリームシャンプーには、次の5つのメリットがあります。

  1. 頭皮にやさしい
  2. 髪にやさしい
  3. ツヤ・ハリ・コシが生まれやすい
  4. 時短になる
  5. コスパが良い

その反面次の3つのデメリットがあります。

  1. 市販のシャンプーに比べるとやはり値段が高い
  2. 泡立たないので洗った気がしない
  3. 使用量がわかりにくい

どういうことなのか、それぞれ詳しく確認してみましょう。

クリームシャンプーのメリット

1.頭皮にやさしい

クリームシャンプーは、頭皮にも髪のヘアパックを前提としているため、低刺激でやさしい成分が使用されています。

一般的な市販シャンプーに使用されている洗浄成分は高級アルコール系界面活性剤が使用されているものが多く、洗浄力がとても強い場合があります。

その洗浄力の強さは、汚れをしっかり落とす反面、過剰に皮脂を取り除いてしまう点は、頭皮からの経皮吸収の観点からもよくない成分も場合があります。

頭皮環境を整えるためにシャンプーをするはずが、逆に悪化させてしまうことが少なくありません。

頭皮環境の悪化は、

  • 頭皮の乾燥
  • フケ・かゆみ
  • 白髪
  • 抜け毛
  • くせ毛
  • 皮脂の過剰分泌による頭皮のベタつき
  • 頭皮のニオイ

などの様々な頭皮トラブルにつながる可能性があります。

ここで紹介するクリームシャンプーは、植物由来のクレンジング力を利用したやさしい洗浄力のため、低刺激でありながら、頭皮マッサージをする過程で汚れを落とすことができます。

そのため、クリームシャンプーを使用することで、頭皮環境を健やかな状態に保ち、上記の頭皮トラブルの予防につながります。

2.泡立たないから髪にやさしい

クリームシャンプーの一番の特徴は、なんといっても「泡立たない」シャンプーという点です。

泡よりもクリームの方がキメが細かく、摩擦自体少なくなります。ただ、それ以上に重要なメリットがあります。

泡立つシャンプーだとどうしても泡立てようとして、髪をゴシゴシとすり合わせるように洗ってしまいます。結果的に髪が傷んで切れ毛や枝毛ができやすくなってしまうことがあり、キューティクルが傷つくと乾燥しやすくなり、パサつきの原因にもなります。

クリームシャンプーのメリットは、クリーム状のため「泡立てよう」とする意識が働くことはなく、髪には手ぐしで塗布するようになります。また、頭皮マッサージに自然と意識が向くため、髪を傷めることなく汚れを落とすことにつながります。

クリームシャンプーは、泡立たないからこそ、髪も頭皮もやさしく扱うようにする効果があります。

3.ツヤ・ハリ・コシが生まれやすい

クリームシャンプーは、保湿力の優れたオーガニックオイルを配合しているものが多いです。頭皮と髪を乾燥から防ぐとともに、頭皮の油分をコントロールすることにつながります。そうすることで、自然なツヤが生まれやすい環境に導いてくれます。

クリームシャンプーは、頭皮マッサージとの相性がバツグンであることは説明した通りですが、頭皮マッサージの効果によって、血行促進につながります。

血液から、毛髪の育成に必要な成分が運ばれてきます。また、毛母細胞に髪を黒色にするためのメラニン色素を受け渡すためにも、血行の流れが良好であることが条件となります。

ここで紹介するクリームシャンプーの上質な成分と頭皮マッサージを併用することで、頭皮を健やかな状態に保つことができ、ハリとコシのある髪に導きます。
詳しい使い方は、クリームシャンプーの使い方を確認してみてください。

4.オールインワンだから時短になる

クリームシャンプーは、洗浄、保湿、補修、予防ケア、頭皮ケアが1回で可能になります。シャンプー、コンディショナー、トリートメントなどと何度も髪を洗い流す必要がなくなるから、クリームシャンプーは時短になります。

忙しい方や面倒くさがり屋さんにはたいへん頼もしい味方になります。

さらに、クリームシャンプーは、頭皮マッサージをするにも、相性バツグンです。なぜなら、クリーム状でなめらかなため、マッサージに向いているからです。

その上、髪につけたままヘアパックをすることで、トリートメント効果を高めることが可能です。

クリームシャンプーは、1本で頭皮ケアが可能になり、時短につながります。

5.コストパフォーマンスが良い

クリームシャンプー自体は、たくさんありますが、概して一般のシャンプーより一見すると高めの価格になっています。

しかし、その金額にはトリートメント成分やスカルプケア成分が含まれています。

コンディショナーやトリートメントなしでもクリームシャンプー1本で髪がサラッとするため、その他のヘアケア商品を買う必要がなくなります

さらに、髪や頭皮の状態が健やかになることで、カラー持ちや白髪染めの持ちがよくなったという口コミも多数見受けられます。

髪の状態もよくなるため、トータルで見ると一般のシャンプーに比べて、クリームシャンプーの方がコストパフォーマンスに優れていることが多いです。

クリームシャンプーのデメリット

1.市販のシャンプーに比べるとやはり値段が高い

値段が安いのには理由があります。逆にいえば、高いのにも理由はあります。

安価に量産できる合成界面活性剤を使用することで、価格を押し下げている一部の市販シャンプーと比較すると、植物由来の成分やオーガニック成分にこだわるクリームシャンプーは、どうしても価格的には高くなります

ただし、シャンプー単体ではなく、コンディショナー、トリートメント、髪の傷みを補修するための美容室でも費用を考えると、クリームシャンプーの方がコスパが良いことが多いです。

2.泡立たないので洗った気がしない

今までずっと「シャンプー=泡で洗う」という文化だと、どうしても泡がないと洗えているのか不安になります。

クリームシャンプー初心者の方は、ほぼ必ず思うことです。

翌日1日過ごして、頭皮のニオイがいつもより感じないことに気付いて、そこで初めて洗えているんだという実感が湧きます。

その経験の後からは、不安になることはなくなるため、まだ使ったことがない人は、使用した翌日の状態を確認すれば安心できるんだということを、予め知っておくといいです。

3.使用量がわかりにくい

泡立つシャンプーでもそうですが、だいたいは使用量目安を気にせずに、「だいたい」の感覚でやっている場合が多いでしょう。

クリームシャンプーになると、まずどれだけ使えばよいのかわからなくなるケースも多いです。

ちゃんと目安量を確認すれば問題ありませんが、今までの泡立つシャンプー通りでやろうとすると戸惑うかもしれません。

クリームシャンプー人気おすすめランキング

当サイトのアクセス数をもとに、特に人気のクリームシャンプーをランキングで紹介します。

ここであげるクリームシャンプーはどれも上質なものなので、人気だから選ぶというよりは、「自分の悩み解消」につながるかどうかで選択しましょう。

毎日使うものなので、「香りの好み」もわりと重要です。

クリームシャンプー KAMIKA(カミカ)

商品名クリームシャンプーKAMIKA
コスパ1,993円/本
1本当たりの容量400g 1ヵ月程度
1gあたりの価格4.98円/g
使用目的白髪予防ケア
抜け毛予防ケア
フケ・かゆみケア
髪のパサつきケア
頭皮のニオイケア
香りマリンノート

おススメポイント

  • ヘマチンとメリタン配合で白髪・抜け毛ケアに
  • 老若男女問わず圧倒的な利用者がいる
  • 口コミでの評判もピカイチ

特徴

クリームシャンプー KAMIKAカミカ)は、ヘマチン・メリタンが配合されているクリームシャンプーです。白髪予防・抜け毛予防対策シャンプーとしても優秀であり、30代後半から40代、50代、60代に最も利用されているクリームシャンプーです。

注目すべきは、髪のパサつきも抑えてくれるため20代や30代からも根強い人気があります。そして洗い上がりのスッキリ感から男性からの支持も厚く、まさに、老若男女問わず愛されています。

伸びの良いやわらかなクリームも髪と頭皮になじませやすく、配合されている植物由来の成分も圧倒的に豊富な点も特徴です。

KAMIKAのお得な公式サイトはコチラKAMIKAの口コミ詳細はコチラ

405クレンジングコンディショナー

405クレンジングコンディショナーの口コミ

商品名405クレコン
コスパ4,536円/本
1本当たりの容量490mL 1ヵ月程度
1gあたりの価格9.26円/mL
使用目的抜け毛予防ケア
フケ・かゆみケア
髪のパサつきケア
頭皮のニオイケア
香りローズ

おススメポイント

  • 大人のローズの香り
  • サロン公認のサロン仕様
  • アメリカ産

特徴

405クレンジングコンディショナーは、品のあるローズの香りがお風呂場いっぱいに広がるため、特に華やかな香りが好きな女性に人気です。

クリームシャンプーKAMIKAよりもぽってりとした質感のクリームで濃厚です。

サロン公認のサロン仕様であり、ヘアケア先進国のアメリカ発のクリームシャンプーという点が特徴です。

405クレコンの口コミ詳細はコチラ

わたしのきまり

商品名わたしのきまり
コスパ1,980円/本
1本当たりの容量300g 3週間程度
1gあたりの価格6.6円/g
使用目的抜け毛予防ケア
フケ・かゆみケア
頭皮のニオイケア
香りシトラスハーバル

おススメポイント

  • ノンシリコンのクリームシャンプー
  • 国産のオーガニック原料にこだわっている
  • 環境にやさしいパウチ型

特徴

わたしのきまりは、お肌が敏感な人でも使えるように、国産オーガニック原料にこだわり、徹底的に人にも環境にもやさしい成分が配合されています。シリコン自体は特に医学的に問題があるといった見解はありませんが、気になる方はノンシリコンのわたしのきまりがおススメです。

また、クリームシャンプーKAMIKAや405クレコンと比較すると、洗い上がりの髪のサラサラ感はやや落ちるものの、肌にやさしいという点で秀逸でありながら、頭皮環境も整えることができるため、フケ・かゆみで悩んでいる人、特に肌が敏感な人にも利用されています。

また、香りは様々なものを感じます。柑橘系の爽やかさ、薬草などのグリーンハーブの落ち着きのある香り、華やかなお花の香りがほんの少しあり、複雑にミックスされた奥行きのある香りです。女性はもちろん、男性も好きな人が多い香りです。

わたしのきまりのお得な公式サイトはコチラわたしのきまりの口コミ詳細はコチラ

クリームシャンプーの使い方

クリームシャンプーの使い方

クリームシャンプーの使い方はとても簡単です。

流れ

  1. 洗う前に、ブラッシングします。(毛先から徐々に根もとへブラッシングしましょう。)
  2. シャンプーの前に、髪の毛と頭皮をお湯でしっかりと洗います。(湯シャン)
  3. クリームシャンプーを適量手に取り、手のひらに広げてから頭皮にもみこみます。
  4. 頭頂部から毛先までなじませてます。
  5. クリームシャンプーが髪全体に馴染んだら、指の腹で頭皮マッサージを行います。(頭皮マッサージ)
  6. 頭皮の揉み洗いが終わったら、洗い流さずに3~5分ほど時間を置きます。(ヘアパック)
  7. ぬるま湯でしっかりとすすぎます。(湯シャン)

使い方のポイント

ポイントは、

  1. 洗う前にブラッシングをすること
  2. 最初と最後の湯シャンをしっかりとすること
  3. 頭皮マッサージをすること
  4. ヘアパックの時間を取ること

です。

ブラッシングで美髪になれる

クリームシャンプーで前のブラッシング

髪の汚れや、シャンプー前のブラッシングと湯シャンで7割以上の汚れが落ちると言われています。

ブラッシングをすることで、スタイリング剤も皮脂やかみについたホコリなどと一緒にある程度取ることができます。

また、髪の絡まりとブラッシングでほどくことで、シャンプー時の髪の摩擦を軽減することができます。

それに加えて、ブラッシングによる頭皮マッサージ効果で血行促進につながります。

洗う前のブラッシングのひと手間で美髪になれるかどうかも変わります。

湯シャンがバッチリだと頭皮の悩みが減る

クリームシャンプー前の湯シャンの仕方

また、最初と最後の湯シャンもとても大切です。

洗いが足りていないことが、頭皮のニオイやベタつきの直接的な原因となります。

また、慢性的に洗いが短いと、抜け毛やフケ、頭皮に痒みが出るなどより深刻な事態へつながりかねません。

最後の湯シャンでしっかりと洗い流すことも重要です。

たとえトリートメント成分が入っているからといって、頭皮と髪に残しておいてよいものではありません。しっかりと洗い流すことで、健やかな頭皮環境につながります。

時間をとって、しっかりとお湯で髪と頭皮を洗い流しましょう。

頭皮マッサージで血の巡りを良くする

クリームシャンプーとマッサージ効果で頭皮全体の血行促進

シャンプー時に頭皮マッサージをすることで、汚れが落ちやすくなるだけでなく、クリームシャンプーの成分と相まったマッサージ効果で頭皮全体の血行促進につながります。

普段の生活でシャンプーのとき以外に頭皮に触れることは少ないです。そのため、なかなか頭皮マッサージを習慣化することは難しいです。しかし、シャンプーのときだけは、必ず頭皮に触れることになるため、頭皮マッサージの習慣化が簡単です。

クリームシャンプーは、クリームなので滑らかに頭皮マッサージができる点も独自のメリットです。

シャンプーのときの頭皮マッサージは習慣化されやすいです。
クリームシャンプーの成分と相まって、マッサージ効果で血行促進が期待できます。

ヘアパックで上質な成分を髪へ

クリームシャンプーでヘアパック

ヘアパックの時間はクリームシャンプーによりますが、だいたい3分~5分程度と短いです。

ヘアパックをすることで、トリートメントの成分を髪に届けることができます。

シャンプーからトリートメントまで1回で済むので、確実な時短になります。

その間にカラダを洗ったり、お風呂に使ったり、子供を洗ったりと時間を有効に使うことができます。

3分~5分程度、クリームシャンプーでヘアパックしましょう。

クリームシャンプーの適量

クリームシャンプーの適量は、各クリームシャンプーによって異なります。

そのため、パッケージ記載の目安量を必ずチェックするようにしましょう。

髪の長い方は、1回で目安量を手に取るのではなく、小分けにして、合計で目安量程度を目指すとなじませやすいです。

下に比較表もあるので、まずは気になるクリームシャンプーを選んで、新しい頭皮ケアを試してみてはいかがでしょうか。

人気クリームシャンプーの比較表

商品名クリームシャンプー
KAMIKA
405クレコンわたしのきまり
商品イメージクリームシャンプーKAMIKA405クレコンわたしのきまり
キャンペーン
初回価格(税抜)
1,993円/本
4.98円/g
4,536円/本
9.26円/mL
1,980円/本
6.6円/g
2回目以降価格3,926円/本
9.82円/g
4,536円/本
9.26円/mL
3,980円/本
13.27円/g
1本当たりの容量400g490mL300g
使用目的白髪予防ケア
抜け毛予防ケア
フケ・かゆみケア
髪のパサつきケア
頭皮のニオイケア
抜け毛予防ケア
フケ・かゆみケア
髪のパサつきケア
頭皮のニオイケア
抜け毛予防ケア
フケ・かゆみケア
頭皮のニオイケア
香りマリンノートローズシトラスハーバル
洗浄成分ラウリン酸ポリグリセリル-10ポリソルベート60ステアラミドプロピルジメチルアミン
ポリソルベート60
ココイルグルタミン酸TEA
洗い上がりの
スッキリ感
メントールありメントールありなし
美容成分ヘマチン
メリタン
スサビノリエキス
マコンブエキス
海塩
ゴボウ根エキス
オドリコソウエキス
ローズマリー葉エキス
ニンニク根エキス
アルニカ花エキス
セイヨウアカマツ球果エキス
セイヨウキズタ葉/茎エキス
オランダカラシエキス
ローマカミツレエキス
ルーツ幹細胞エキス
ハチミツ
アルガンオイル
ケブカワタ種子油
スクワランオイル
ヒマワリ種子油
アボカド油
加水分解シルク
カミツレ花エキス、
プルヌスセロチナ樹皮エキス
ローズマリー葉エキス
アーモンド油
アロエベラ液汁
熊本県産のオリーブオイル
ホホバオイル
アルガンオイル
マカダミアナッツオイル
アーモンドオイル
ハチミツ
パールエキス
ダマスクバラ花水
レモングラス葉/茎エキス
ローズマリー葉エキス
ラベンダー花エキス
公式サイトKAMIKA公式サイト405クレコン公式サイトわたしのきまり公式サイト