簡単に美白になる方法

肌の永遠の悩みとのいえる美白、肌の白さを保つこと。

簡単に美白になる方法はあるのでしょうか?

美白になるために、今からでもできることをまとめました。

簡単に美白になる方法はあるの?

結論からいうと、簡単に美白になる方法は美容皮膚科に行くくらいしかありません。

例えば湘南美容クリニックに行けば、美白レーザーなんかを受けられます。顔1回で10,800円という価格です。もちろん1回で完結することはなく、"通う"必要があります。美容皮膚科はそれだけの効果と引き換えにお財布はイタイですが、それでも完璧に美白するのは難しいです。美白になることが難しいのはそれはシミなどは普通は消えないからです。シミを消すことに注力するのではなく、これ以上シミ・くすみを増やさないようにする予防が重要になります。予防することは現在の技術で可能です。

以下で紹介する美白になる方法は基本的に予防する方法です。地味ですがこれが王道です。最初は簡単ではないかもしれませんが、習慣化すれば意識せず当たり前にできることばかりです。買ってしまえばいいだけのものもあるので、是非ちゃんとできているか確認してみましょう。

 

日焼け対策グッズは最新のものを使用する

毎年見るようなベストセラー品はついつい買いたくなりますし、今まで使っていたものも特にトラブルがなければそのまま使い続けたくなりますね。

ただ美白というのは世界中の女性が注目している肌の最重要課題のひとつです。そのため美白に関する研究は万を超えて存在し、今も最新技術が日々更新されています。美白の先端技術は過去わかっていなかった点をさらに改良し作られているため、年々進化しているのです。美白ケアに限っては、最新技術が取り入れられたものを使用するがおススメです。

 

日焼け止めは老化防止に欠かせない

紫外線を浴びると、紫外線のa波が真皮まで刺激し肌老化を引き起こすとされています。これが光老化の一大理由であり、シミやくすみにつながります。

また、深いシワの原因の8割が「乾燥」ではなく「紫外線」による影響といわれています。紫外線は肌の真皮層を傷つけ、エラスチン線維などを作り出す細胞の機能を低下させます。それは言い換えると肌の弾力を失い、深いシワを作ることになります。

美白ケアをする上で紫外線対策は最も重要なことになります。

日焼け止めはその紫外線a波を防ぐことができる最適のアイテムとなります。日焼け止めに関しては最新で人気のある日焼け止めを使用するといいでしょう。日焼け止めは小まめに塗る方が効果的ですが、塗るだけなので簡単です。

場面に応じてメイクは変えるのがおススメです。CCクリームは素敵にカバーしてくれるので即効性がありおススメです。

外出が少なめの日はミムラスムーススキンカバーといった優しめのUV機能ありの下地を使ったり、

1日外で過ごすなら、POLA B.Aプロテクターで肌をしっとりさせる、

海、リゾート、プール、運動でたくさん汗をかく日はウォータープルーフのNALC日焼け止めがおススメです。

といった使い分けをしましょう。

 

日傘は鉄板、絶対に使おう

日傘は最近では男性でも持つ方が増えてきました。美白ケアで欠かせない紫外線対策をする上で日傘はとても有効です。

日傘を使うことが恥ずかしいと思う方もいるでしょう。その恥ずかしさを優先するか、将来のキレイな自分を優先するかのどちらが良いかを日々選択していることを忘れないようにしたいところです。いくつになっても魅力的であるためには美白はとても重要な要素の一つです。

日傘を使用することで、あらゆる肌トラブルを招く紫外線を浴びないようにすることができます。

その軽減率は日傘のSPF・PAのレベルによりますので人気製品がおススメです。

 

サングラスを使おう

紫外線対策をする上で忘れがちな部分は目です。目からの紫外線吸収量はバカになりません。

また、目元にシミができることは、一番やっかいです。

上で紹介した美白レーザーなどは、目元には使用できないことがほとんどです。なぜなら皮ふがとても薄く、しかも目の周辺のため大変危険だからです。

サングラスをかける習慣のない人は抵抗力があると思いますが、将来の自分のキレイを手に入れるためには、サングラスはとても有効的です。

 

攻めの美白ケアも必要

美白になるためには予防だけでは不十分です。アフターケアで攻める必要があります。

スキンケアはシミ・くすみケアを意識している美容液を取り入れましょう。

美容液でありながらコンシーラーの役目を果たしてくれるアイプリンという商品があります。これならケアしながら目元や気になるところ

>>>アイプリンの口コミをみてみる

 

白くなるには除去が必要

SIMIホワイトといった医薬品レベルで対応したいところです。

医薬品は医薬部外品やサプリメントでは使用できない成分L-システインが配合されています。海外製の薬やアプりは日本人には強すぎる場合があるため、日本企業が作成したものがいいです。それに加えて日焼け対策にもなるため、SIMIホワイトは利用価値が高いです。

 

内側からもスキンケアする

上で紹介したSIMIサプリも服用するタイプの医薬品です。ここ数年で大変人気が出た飲む日焼け止め対策サプリ。飲む日焼け止めサプリだけでは紫外線対策が完璧ということはありませんのでご注意ください。ただ飲むと確かに違うという声が多数あり今では多くの人が利用をしている最新の対策方法です。美白になる方法の中でも簡単さでいうとピカイチであるといえます。

飲む日焼け止め対策サプリには、

  1. シダ植物抽出成分のファーンブロック系(PLエキス)
  2. 天然ポリフェノールのニュートロックスサン系

この2タイプがあります。

ファーンブロックはポリポディウム・レウコトモスエキス(リュウコトモスエキス)を使用していて、別の呼び方としてPLエキスとも呼ばれています。ファーンブロック系(PLエキス)だとロート製薬のヘリオホワイトが有名ですね。ハトムギエキスとビタミンB2とビタミンB6も配合されていて、コスパも良いのでかなりおススメです。ヘリオホワイトの口コミ・効果も合わせて確認してみてください。

またほかのサプリでは、ノーブ(noUV)飲む日焼け止めサプリもかなり人気があります。

また、ニュートロックスサン系だとたくさんありますが、人気どころでコスパの良いものだと、インナーパラソル16200があります。

即効性のあるものでもなく、早め早めに取り組むのが吉です。

飲むだけなので最も簡単な方法ですね。

まとめ

結局のところ、紫外線対策を万全に行うことが、美白になる一番論理的な方法となります。毎日太陽は昇るので、毎日紫外線対策が必要です。

明日も明後日もその紫外線の影響を受けて過ごすことになります。

日々の紫外線の影響は目に見えるものではありませんが、悪影響である事実に変わりはなく、数年するとその悪い結果が目に見える形で現れてしまいます。

美白は美しさの一つの要素でしかありませんが、シミやくすみが増えた悲しみはなかなか精神的に辛いものがあります。

明日からと言わず、まずはできることから始めてみましょう。