セルフ白髪染めのやり方

自分で(セルフカラー)白髪染めする場合、上手にできていないともったいない上にかっこ悪くなってしまいます。

でもセルフカラーで失敗する理由はだいたい決まっています。

失敗しないためにセルフ白髪染めのやり方でとくに重要なポイントをご紹介します。

自分でできる!セルフ白髪染めのやり方

セルフ白髪染めで重要なことは、

  1. 塗布量
  2. 時間
  3. 温度

この3点になります。
塗布量・時間・温度をコントロールすることで失敗しない白髪染めを自分でもできるようになります。

このことを頭に入れた上で、自分で白髪染めする際の流れを確認していきましょう。

自分で白髪染めやり方1:シャンプーは前日にすませる

自分で白髪染めをする場合、白髪染めを行う前の日から準備することが大切になります。

髪と肌のコンディションを整えることが白髪染めをキレイに染めるコツです。
おススメな方法としては、前日にシャンプーを済ませておくことです。

というのもシャンプーはやり方によっては頭皮を傷つけてしまう可能性があり、シャンプーをした日に白髪染めをするとダメージのある頭皮にカラー剤を塗ることになります。

自分で白髪染めやり方2:ワセリンを準備する

ワセリンは、顔のまわりに塗って肌が染まらないようにするために使用します。

ワセリンの代わりにリップクリームでもOKです。

髪にワセリンがつくとちゃんと染まらない原因になるので、注意しましょう。

自分で白髪染めやり方3:室温を調整する

白髪染めは、温度が低すぎるところに置いておくと白髪の染まり具合が悪くなります。

そのため、自分で白髪染めするときも、室温を調整しておくのがおすすめです。

そこまで敏感になる必要はないのですが、20℃以上の室温であればOKです。

自分で白髪染めやり方4:髪はぬらさない

白髪染めは塗れた髪に塗りません。

かならず髪が乾燥した状態でセルフ白髪染めを行いましょう。
というのも水分が染色の邪魔をしてしまい、白髪染めの色ムラの原因になります。

ただし、最近の白髪染めでは濡れ髪に使用するものもあるので商品説明に従いましょう。

自分で白髪染めやり方5:ブロッキングをマスターする

自分で素早く美しく白髪染めするするためには、ブロッキングは必要不可欠です。

ブロッキングというのは、髪を小分けにグループ分けすることです。
ブロッキングをすると

  • 色ムラ原因となる塗り残しを減らせる
  • 早い時間で染められる
  • 均一に染めやすくなる

といったメリットがあり、結果美しく白髪染めすることが可能になります。

ブロッキングのやり方

  1. 全体的に髪を左右にセンター分けにする。
  2. 頭頂部と耳を結ぶ線でさらに前後に分ける。
  3. 頭頂部からえり足の真ん中を結ぶ線で左右に分ける。
  4. 右耳から後頭部を通って左耳まで結ぶ線で上下に分ける。

ブロッキングといっても難しい作業ではなく、たったの4ステップでできます。

白髪染めは塗った後の経過時間も色味に影響を与えるため、ブロッキングをすることで時短になり、最初に塗った部分と後に塗った部分で色の差が出にくくなります

自分で白髪染めやり方6:塗布量を調整する

塗布量は、髪質に合わせて調整する必要があります。

白髪染めでしっかりと染めたい場合は、カラー剤をたっぷり使用します。

  • 髪が硬い方
  • 髪が太い方
  • 髪に油分が多い方

は白髪染めが染まりにくいため、塗布した後、放置時間を長めにとりましょう。

自分で白髪染めやり方7:白髪を塗る順番を意識する

白髪染めは経過時間が色の濃さに出るため、白髪が気になる部分から塗るようにしましょう。

最初によく塗る部分としては、

  • 生え際
  • 顔まわり
  • 分け目

があります。

自分で白髪染めやり方8:流すときは頭皮マッサージ

カラー剤を流すときは、ただ単にシャワーで流すともったいないです。

頭皮マッサージをするようにして揉みこみましょう。

水分とカラー剤が混ざり合うことで、色ムラを減らしてくれる効果がある上に、頭皮についたカラー剤を洗い流せるようになります。

自分で白髪染めやり方9:日頃のヘアケアを強化する

髪が傷むと白髪染めが入りにくくなったり、色が落ちやすくなります

白髪染めでヘアカラーを使用すると、それだけで髪が傷んでいくため、髪と頭皮のケアができるシャンプーやトリートメントを使用しましょう。

自分で白髪染めやり方のまとめ

自分で白髪染めやり方
  1. シャンプーは前日にすませる
  2. ワセリンを準備する
  3. 室温を調整する
  4. 髪はぬらさない
  5. ブロッキングをマスターする
  6. 塗布量を調整する
  7. 白髪の多いところから塗り始める
  8. 流すときは頭皮マッサージ
  9. 日頃のヘアケアを強化する

以上が自分で白髪染めをするやり方です。

やってみると意外と簡単です。

どれも重要なことなので、抜け漏れのないようにやり方を確認して自分で白髪染めをやってみてください。

白髪染めの種類

白髪染めの種類を確認してみてください。

市販の白髪染めでどれを買えばいいの?

そもそもヘアカラータイプの白髪染めが合っているのか確認することをおススメします。

市販の白髪染めの選び方を確認してみてください。

 

自分で白髪染めが怖い?

美容院でする場合もメリットとデメリットがあります。

白髪染めは市販or美容院?を確認して自分に合うやり方を見つけてみてください。