白髪染め

白髪染めには代表的な方法であるヘアカラーを含めて5つあります。

  1. ヘアカラー
  2. ヘアマニキュア
  3. 白髪染めサプリ
  4. 白髪染めカラートリートメント
  5. 白髪染めシャンプー

まずはそれぞれの方法のメリットデメリットを確認しましょう。

白髪染めの5つの方法

1. ヘアカラー

ヘアカラーはスーパーや薬局でも買えるため、とても一般的な方法です。

自宅でも美容室でもできます。

ヘアカラーは髪の毛のメラニン色素を分解した上で、髪の毛の内側と外側から色を浸透させていく方法です。

入手が簡単なことと、1度で白髪を染めることができますが、面倒な点と髪の毛へのダメージがネックです。

 

メリット

  • 1回で染まる
  • 色落ちしにくい
  • 白髪染めの効果は1~2ヶ月とやや長め

 

デメリット

  • 手間がかかる
  • 髪の毛と頭皮へのダメージが大きい
  • アレルギーや敏感・乾燥肌の人は使用不可の場合がある
  • 髪が伸びるとプリン状になる
  • キレイに染めることが難しい
  • 自分でやると色ムラが起きやすい
  • 髪へのダメージを考えると頻繁に染め直すことができない

 

2. ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、髪の毛を包むようにコーティングするようなイメージです。

髪の毛の外側にのみ色素を吸着させる方法です。

アルカリ成分を配合していない酸性染毛料のため、皮膚への刺激は穏やかです。

髪の毛へのダメージが少ないですが、シャンプーですぐに色落ちするという特徴があります。外側だけのコーティングのため、持続期間は2~3週間程度と短いです。

また、髪の毛の根元部分が染めにくいため、結果的に持続期間もより短くなってしまいがちです。

 

メリット

  • 一度で染まる
  • 髪の毛と頭皮へのダメージが少ない
  • アレルギーの心配がない
  • 染め直しが簡単

 

デメリット

  • 2~3週間程度しか白髪染めが持続しない
  • 黒髪は明るくすることはできない
  • 皮膚に色が付くとなかなか落ちない
  • セルフでやると地肌まで染まってしまう場合がある
  • 髪の毛の根元部分が染めにくい
  • シャンプーごとに色落ちする
  • 他のカラーへ染めることができない

 

3. 白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーは、シャンプーに白髪染め成分を含んでいるシャンプーのことです。

普通にシャンプーをする要領で白髪染めシャンプーですることで、徐々に黒髪に染まっていくものです。最近では染めるのではなく、地肌力を使って黒髪を再生させる可能性のあるシャンプーもあります。ムラができないこと、手軽なこと、髪にも皮膚にも優しいことなどがメリットの反面、効果を感じるまでには時間がかかります。白髪染めトリートメントとの相性がいいです。

 

メリット

  • 髪の毛と頭皮にとても優しい
  • ムラにならない
  • ポツポツとある白髪でも多い量の白髪でも簡単に染められる
  • 時間がかからない
  • 手間がかからない
  • 自然な仕上がりになる
  • 継続することで効果が持続する

 

デメリット

  • 染まるまでに時間がかかる

 

4. 白髪染めカラートリートメント

白髪染めカラートリートメントは、ヘアートリートメントを使う要領で白髪染めする方法です。

ヘアマニキュアと同じでコーティングにより、黒染めしていくタイプでありつつ、白髪染めシャンプーのように徐々に染めていきます。白髪染めシャンプーよりも効き方が早く相性もいいため、白髪染めシャンプーとの併用がおススメです。

 

メリット

  • 髪にとてもやさしい
  • トリートメント効果で美髪になる
  • 徐々に自然に染まる
  • アレルギーの心配がない

 

デメリット

  • 染まるまでに時間がかかる
  • 持続期間は2~3週間程度と短い
  • コストがかかる

 

5. 白髪改善サプリ

白髪を改善できる成分が入っているというニュアンスのサプリのことです。

実際には体質改善・健康的になることで髪への栄養補給を改善しようとするものが多く、白髪へ直接的に関係するものは今のところありません

そのため、白髪改善効果への信頼性としては低いと言わざるを得ません。しかし、身体と髪の毛の健康面的に栄養摂取という観点では、摂取していないより摂取しておいた方が良いという考え方もできます。

 

メリット

  • 飲むだけなのでとても手軽
  • 髪の毛に直接つけるものではないため、髪の毛に優しい

 

デメリット

  • 効果への信頼性がとても低い
  • 即効性なし
  • コストが高い

 

白髪染めの5つの方法のメリットとデメリットまとめ

白髪染めシャンプー白髪染めカラートリートメントヘアマニキュアヘアカラー白髪染めサプリ
信頼性×
即効性××
持続期間(継続使用前提)2~3週間2~3週間1~2ヶ月
ムラになりにくさ××
髪への優しさ×
手軽さ×
コスト×
総合評価★★★★★ 5.0★★★★★ 5.0★★★★☆ 4.0★★★☆☆ 3.0★☆☆☆☆ 1.0
おすすめ商品黒髪クリームシャンプー【KAMIKA】
【ハイステップヘアカラートリートメント】
サロンドプロ ヘアマニキュア・スピーディ (白髪用) 6 ダークブラウンルシード・エル ミルクジャム髪色もどし ナチュラルブラック(1セット)【ルシード・エル】特になし
ただの栄養補助サプリです。

求めることや体質は人それぞれですので、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

オススメ度というのは、まずは試してほしいものの順番です。大切な髪の毛に優しく、かつ日常生活に溶け込ませながら白髪ケアができる白髪染めシャンプーが最もおすすめです。

それと併用して、白髪染めカラートリートメントをすることで、即効性も早まるため、この2つの併用をまずは試してみることが大事です。

 

タイプ別オススメ白髪ケア方法

即効性重視タイプと美髪優先タイプの2タイプに分かれます。

 

1度で染まってほしい(即効性重視タイプ)

ヘアマニキュアがおススメです。

手軽で髪の毛にも比較的優しいのに、1度で白髪染めができるためです。

しかし、持続期間が2~3週間と短い点がネックな場合は、ヘアカラーがおススメです。

ヘアカラーは、髪には優しくありません。抜け毛やアレルギーの発生など、その他の問題を引き起こす可能性が否定できないため、あくまで最終の手段として利用しましょう。

ヘアマニキュアもヘアカラーも色ムラが出てしまう点は同じです。

自宅でも可能ですが、美容室で頼んでみると改善できます。(ただし、その分コストがかかります。)

 

後々のことも考えて髪に優しいものを使いたい(美髪優先タイプ)

まずは、白髪染めシャンプーを使用することが一番でしょう。

普段使っているシャンプーを取り換えるだけでできるので、とても気軽にできます。

ただし、即効性は望めません。

より早く染めるために白髪染めカラートリートメントの併用がおすすめです。

 

おすすめ白髪染めシャンプー



KAMIKAオールインワンシャンプーは、地肌力を再生するように黒髪を実現するものなので、美しい髪の毛を目指す場合にぴったりです。

オールインワンのため、トリートメント要素も入っていますが、より即効性を出したい場合は、カラートリートメントと併用しましょう。

>>>カミカ【KAMIKA】のオールインワン黒髪クリームシャンプーの口コミ

 

おすすめ白髪染めカラートリートメント




アットコスメでも★5.4高評価のカラートリートメントです。

悪影響を与えるジアミン不使用のカラートリートメントのため、安心して使用できます。

無添加・ノンシリコーンでかつ天然の成分がたっぷりと配合されているため、髪の毛を大切に美しく仕上げたい方にぴったりです。

>>>ハイステップヘアカラートリートメントの口コミ