YOKONE3(ヨコネ3)の口コミ体験レビュー|おすすめ横向き枕




テレビで紹介されたこともあって、大ヒットした横向き枕ヨコネ2(YOKONE2)。

今回リニューアルしてさらにグレードアップした横向き枕【ヨコネ3YOKONE3)】が登場しました。

横向きで寝ることは、仰向きで寝るよりも健康面でメリットが多いことが明らかにされています。

寝ても疲れがとれていないという方の間で話題が沸騰しています。

そんなヨコネ3YOKONE3)の口コミはどうなのでしょうか?
実際に愛用しているので、良い面、悪い面の体験レビューをシェアします。

また、ネット上の口コミも合わせてまとめてみました。

横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)」



おススメ睡眠改善記事

睡眠ケアサプリで圧倒的人気のピースナイトの口コミ

エイジングケアにも重要な睡眠の美容効果

ヨコネ3YOKONE3)の口コミ【体験レビュー】

ヨコネ3(YOKONE3)

ヨコネ3YOKONE3)が早速届きました!

個人的な感想を交えながら体験レビューをシェアします。

全体像としてはこんな感じです。ヨコネ3(YOKONE3)の大きさ(横と縦)

けっこう大きいですね。

写真上の部分が、実際に横向きで寝るときの部分、

写真下部分のポツポツなにやら入っている部分が、首ストレッチ機能の部分です。

大きさは、横64cm x 縦46cm x 高さ12cm(横寝するときに使用する部分の高さ)

ヨコネ3(YOKONE3)の大きさ(高さ)
首ストレッチ機能の部分の高さは14cmです。

ちょうどスマートフォンを立てたときくらいの高さですね。

ヨコネ3YOKONE3)を初めてみる方は、「首ストレッチ機能って何?」となると思います。

そこで、ヨコネ3YOKONE3)を分解してみました。

中身はこんな感じです。

ヨコネ3(YOKONE3)を分解した写真

左から順に、1cmの板、2cmの板、本体部分、そして枕カバーです。

上の写真でいうと、

  • 本体部分左側が寝るときに使用する部分、
  • 右側が首ストレッチ機能の部分

です。

首ストレッチ機能の部分をクローズアップしてみると、このようにものが入っています。

ヨコネ3(YOKONE3)の首ストレッチ機能

フワフワしていますが、かなりの高反発です。

首ストレッチ機能を首の下に入れるとすごく気持ちよく首を伸ばしてくれます。

ヨコネ3(YOKONE3)の首ストレッチ機能の大きさ
大きさとしては、縦16.5cm x 横14cm x 高さ6.5cmです。

スマートフォンより少し大きめの縦幅と横幅で、高さはスマートフォンを横にして立てたときと同じくらいですね。

前回モデルのYOKONE2(ヨコネ2)にはなかった機能です。

首ストレッチ機能は、寝る前のリラックスタイムに使用するといいですね。

続いて、高さ調整機能も前回モデルからさらにバリエーション豊富に改良されました。

ヨコネ3(YOKONE3)を分解した3つの構造

高さは、合計4段階で調整可能になりました。

  • 本体だけの使用なら9cm
  • 本体プラス1cmの板なら、10cm
  • 本体プラス2cmの板なら、11cm
  • 全部使うと12cm
小柄な女性から大柄な男性までぴったり高さが合う調整が可能ですね。

次に、実際横向きで寝るときに使用する部分をみてみましょう。

ヨコネ3(YOKONE3)の横向きで寝るときに使用する部分

ここも、前回モデルから進化したポイントです。

横向きで高さが適度になるようにくぼみが設けられています。

横向きで寝たときの肩の負担が少なく、頭が包み込まれるような感覚になります。

下の写真は、横から見たものです。

ヨコネ3(YOKONE3)の改良点(くぼみ)

立体的にくぼみがあります。

これのおかげで、高さを9cmに調整すると、普通に仰向けでも気持ちよく寝られますし、寝返りも打ちやすくなりました。

横向きで寝る時も、前回モデルよりもさらに快適です。

ヨコネ3(YOKONE3)で実際に寝ている女性の写真

まず、専用の枕カバーがとっても気持ち良いです。

そして、頭から背中の下までまっすぐに寝られます。

ヨコネ3(YOKONE3)の腕置きの部分

ヨコネ3YOKONE3)には、横向きで寝たときに困る腕もケアしてくれる腕置き部分があります。

腕置き部分は地味に感動するポイントで、とっても楽になります。

ヨコネ3(YOKONE3)で実際に寝ている男性の写真

もちろん、男性が寝ても高さを調整すると、頭から背中が一直線になってフィットします。

普通の枕で男性が横向きで寝ると・・・

ヨコネ3(YOKONE3)ではない普通の枕で寝ている男性の写真

頭から背中まで一直線にするのは難しいですね。

たとえ一直線になったとしても、肩幅のある人だと肩に体重が乗ってしまって、腕がしびれてしまいがちです。そんな方は、ヨコネ3YOKONE3)の首から肩までフィットする感じは感動ものだと思います。

横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)」



ヨコネ3(YOKONE3)を使用してみての率直な感想としては・・・

  • 旦那のいびきが静かになった
  • 朝起きると調子が良い気がする
  • 朝起きる辛さが軽減した
  • 肩こりがマシになった
  • 寝心地はかなり良い

といったところです。

個人的には、感動するレベルで素晴らしい枕です。

横寝のときの頭と肩と腕のフィット感がたまりません。

寝心地に関しては、寝返りも打ちやすいですし、何より頭がやさしく包み込まれているようでとても心地よいです。

横寝をするとほうれい線を刻み込むようになりがちですが、ヨコネ3ならそんな心配がなくなります。

本来の用途ではありませんが、1cmと2cmの板をとれば仰向けでも快適です。

肩こりに関しては、寝る前のストレッチ機能を使用しているからかな~と思います。

普段横寝している人はもちろん、健康面を考えて横寝で寝ようとしている人は使ってみるといいと思います。

朝が気持ち良いと、その日が気持ちよく過ごせます。寝るのは毎日のことですから、枕はとても大事です。

気になっている方は、試して損なしだと思います。2週間以内なら返品もできるので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)」



横向き寝の効果

私は好きで毎回見ているメンタリストのDaiGoさんの動画で、先日「寝方(あおむけ、うつぶせ、よこ向き)で脳にいいのかどれなのか」というお話をされていました。

こちらがメンタリストのDaiGoさんの動画です。

4分10秒から、寝方(ねかた)の話をされています。

なんでも、アメリカニューヨーク州のロチェスター大学の2012年のマウス実験研究によると、

寝ている間に起きる脳内の大規模なお掃除の効率性が、

  • 仰向き寝
  • うつぶせ寝
  • 横向き寝

この3つの中で、横向き寝が一番効率がよかったことが研究で明らかにされています。

どういうことかというと、わたしたちの脳には、脳脊髄液(のうせきずいえき)という脳室系とクモ膜下腔を満たす、リンパ液のように無色透明な液体があります。

この脳脊髄液は、寝ている間に脳内の不要なものをお掃除してくれる働きがあります。

脳の細胞は、寝ている間少し収縮するので、そのスキマを脳脊髄液が流れて、脳内でつくられるタンパク質アミロイドβ(ベータ)などをお掃除してくれます。

アミロイドβ(ベータ)は、アルツハイマー型認知症を引き起こすのではないかと言われています。

そして、認知症と睡眠障害には深い関わりがあるといわれています。

睡眠不足は認知症リスクが最大で36%上昇!高齢者がとるべき適切な睡眠時間は?という記事でも同様のことが述べられています。

まとめると、

アミロイドβ(ベータ)を含む老廃物や不要なものをお掃除してくれることは、脳に良いことであり、その脳内のお掃除を一番効率的に行える寝方は、横向き寝ということです。

この研究はマウス実験の段階であり、人を対象とした実験ではありませんが、NEWSポストセブンの記事仰向け、うつぶせ、横向き 健康によいのはどの眠り方かによると、2015年に別のニューヨーク州立大学のストーニーブルック校で同じような研究が行われており、結論は同じで「横向きが最も脳内のアミロイドβを効果的に排出した」ことを明らかにしています。

睡眠の質が上がれば上がるほど、脳内のアミロイドβ(ベータ)は少なくなるので、脳内が掃除されることは良いことです。

横向き寝の有効性は、今後ますます認知、注目されていくものと考えられますね。

横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)」



そんな横向き寝専用枕のヨコネ3(YOKONE3)に関するその他の口コミも見てみましょう。

ヨコネ3YOKONE3)の口コミ

調査対象:ムーンムーン株式会社

心配が吹き飛ぶ寝心地です。

★★★★★5.0

寝がえりが非常に多く、頻繁に目覚めていました。

眠りが浅く、朝起きても疲れが取れていないことが悩みでした。

半信半疑で使用してみたヨコネ枕ですが、まあびっくりです。

少し高さが高いかなと思ったのですが、そんな心配は寝たら吹き飛んでしまいました

質の高い睡眠は幸せです。

魔法のまくらです。

★★★★★5.0

疲れが残ることで、昼間がすごく眠くなってしまっていました。

昼に居眠りすると、夜寝れないの悪循環です。

枕一つでここまで変わるなんて

まさに、魔法のまくらです

いろんな枕を試したが・・・

★★★★★5.0

なんとかピュールとか、なんとかウィーブとかいろいろ買って試しましたが、どれもしっくりくるものはありませんでした。

ネットでこちらを知り無性に買いたくなって手に入れたところ、ヒットしました。

横向きに寝る私にとっては、素晴らしくぐっすりと眠れています

※個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

口コミをまとめると

  • 頻繁に目覚めていたのにぐっすりと寝られるように!
  • 枕一つで寝られるようになることに驚き!
  • 横向きに寝る人にぴったり!

などなど、買ってよかったという口コミが多数見つかりました。

横向き寝を特許申請中の技術でサポートしてくれる枕は、他に良いものがありませんからね。

YOKONE2からグレードアップした真ん中のくぼみが改善されて寝返りもかなりしやすくなっています。

雑誌や新聞でもたくさん紹介されています。

ヨコネ3YOKONE3)の悪い口コミは?

CHECK悪い口コミはないのかな?と調べてみると、なんと、見つかりませんでした

理由はこれだと推測できます。

ヨコネ3は、次のURLの公式サイトで購入すれば、

POINT2週間使用しても返品することが可能なのです。

だから悪い口コミがないのですね。(でも発見したら更新します。)

ヨコネ3(YOKONE3)の気がかりな点

個人的に1点だけマイナスポイントというほどでもないのですが、気がかりな点がありました。

それが、後ろ側のチャックの部分です。

ヨコネ3(YOKONE3)の裏面

裏面は、表面と違って、滑り止めがついた仕様になっています。

見た目的にはしっかりしている感じですが、けっこう薄い上品な生地です。

ヨコネ3(YOKONE3)の枕カバーは、丸洗い可能なため、清潔に気持ちよく長く使えるのですが、

枕の中身を出し入れする際に、中途半端に枕の中身を入れてチャックを締めると壊れてしまう可能性があります。

中身の出し入れは難しいことではなくちゃんと詰めてから、チャックを締めるようにすれば問題ありません。

枕カバーは不衛生だと肌トラブルや頭皮トラブルの原因となります。

そのため、枕カバーは洗濯して清潔な状態をキープしておきたいところです。

洗い替え用に最低もう1枚あれば、枕カバーが長持ちするのでおススメです。

ヨコネ3(YOKONE3)は他に見当たらない特殊な形状をしていますので、枕カバーはヨコネ3(YOKONE3)でしか買えません。

そのため、枕パッドを使用してもいいですね。ただ枕パッドを使用すると、ヨコネ3(YOKONE3)の気持ちよいカバーの素材が味わえなくなるデメリットもあります。

一度ヨコネ3(YOKONE3)を使用してみて、カバーの素材感が気に入ったら洗い替え用に最低もう1枚買ってもいいですし、枕パッドの方の手軽感の方がよければ枕パッドでいいですね。

ヨコネ3YOKONE3)のお買い得情報

ヨコネ3は、公式サイトで18,000円(税別、送料無料、代引き手数料無料)で購入することが可能です。

ヨコネ3(YOKONE3)のお買い得情報

色は、白と黒があるので、好みで決めればOKです。

ヨコネ3(YOKONE3)は長く使えるので、たとえば5年使うとすると、

1年あたりたったの3,500で使用できる計算です。

それでいて、毎日の睡眠の質を劇的に向上できるのであれば、とってもお買い得ですね。

安い買い物ではないですが、睡眠は毎日することですので、枕を替えるだけで、毎日が変わります。

2週間使用してみて返品・返金も可能なので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

横向き寝まくら「YOKONE3(ヨコネ3)」