ハチミツ(蜂蜜、はちみつ)は甘くてとてもおいしいですよね。

ハチミツクッキーやドリンクに混ぜても美味しいですし、お肉料理に使えば料理に立体感がでます。

そんなハチミツは白髪に良い効果があるのでしょうか?

ハチミツの髪への効果とKAMIKAシャンプーに配合されている理由を調べてみました。

 

ハチミツの効果

ハチミツはずっと昔から、食べたり飲んだりするだけではなく、化粧品としても利用されてきました。怪我や病気の治療にも使用されていたことがあり、科学的にも効果が明らかにされています

最近では、

  • ハチミツでダイエット
  • ハチミツで便秘解消
  • ハチミツは二日酔いにいい
  • ハチミツは怪我に効く
  • ハチミツは風邪にもいい
  • ハチミツは糖尿病にもいい
  • ハチミツでガン予防
  • ハチミツで口臭がマシになる
  • ハチミツでのどの調子がよくなる
  • ハチミツで骨の老化防止の効果

・・・

などなど、本当にいろんな方面で良い影響があることがわかっています。

「ハチミツでダイエット」というのは、寝る前にハチミツを食べることで、睡眠時に成長ホルモンを分泌する為のエネルギーをはちみつで補給することできます。そのため睡眠の質を落とすことなく成長ホルモンの分泌を促すことができると言われています。一見逆効果にも思えますが、成長ホルモンを促進すると細胞の生成や修復に加えて脂肪を燃焼する効果が期待できるので、ダイエットにも良いと言われています。

ハチミツは液体あり、固定物ではないので脂肪を蓄えにくいことと血糖値も上がりにくい点もGOODです。ハチミツは体内ですぐに栄養となり、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれるため、便秘解消効果が期待も合わせて期待できるといわれています。

それぞれ詳しく書きたいところですが、本題のハチミツは白髪にもいいい効果があるかについて話していきます。

 

ハチミツの白髪への効果

結論から言うと、

ハチミツには、直接的に白髪を改善するような効果は認められていません。ただし、白髪の生まれやすい頭皮環境を改善することにつながるため、間接的な白髪の予防効果があると言えます。

ただし、ハチミツには頭皮を清潔に保つ効果があります。

ハチミツは、ビタミンやポリフェノールなど、髪に良いとされる成分が配合されている天然のトリートメントであり、髪にとてもやさしいです。

白髪になる原因は、毛根のメラニンが黒い成分をつくれなくなることです。その点ではハチミツはメラニンへ良くも悪くも影響しません。

ハチミツは、白髪が生まれやすい頭皮環境を改善することに優れています。

紫外線や毛根に詰まった汚れ、安価なシャンプーに含まれる強い化学薬品によって、頭皮に存在するメラニンがストレスを受け、黒色の色素を出せなくなります。

ハチミツは、天然のトリートメントの役割を果たすことで、ダメージを受けた頭皮をケアすることができるため、白髪の予防効果があると言えます。

ハチミツがKAMIKAクリームシャンプーに配合されている理由

KAMIKAクリームシャンプーでもハチミツの白髪の予防効果に着目して配合されていることが予想できます。

ハチミツは、食べるよりも塗る方が効果が高いと言われているので、シャンプーという形式でハチミツを髪と頭皮に届けてあげることは有効的です。

自分ので買ってきたハチミツを髪に使用しても良いのですが、量を間違えると頭皮にもお風呂場にもよろしくありません。

ちゃんと泡わないと虫が湧いてしまうため、やはりハチミツが適量配合されているシャンプーを使用するのがおススメです。

メリタンは白髪にいい?も合わせて確認してみてください。